メルシー農園

野菜の収穫
キュウリとトマトの野菜の収穫

有機栽培で食の安全

メルシー農園では、数年前から有機栽培(オーガニック)で野菜を育てています。

化成肥料は一切使わず、牛ふん堆肥、乾燥鶏糞、油粕、有機石灰などの有機材のみを使用しています。

勿論、農薬も一切使っていません。

有機栽培を始めた頃は、害虫で苦労しましたが、3年ほど経つと虫にも負けない丈夫な野菜が育つようになりました。

農薬や化成肥料を長期使用すると、土の中のバクテリア(菌)が、好気性より嫌気性の方が多くなってしまいます。

有機栽培を続けると、嫌気性より好気性バクテリアが増え、丈夫で、美味しい野菜が作れるようになります。

定植後の茄子

■茄子(ナスビ)

虫に葉を食べられていますが、ぐんぐん生育しています。

1番花が咲いたら、下枝を切り取り、3本仕立てにします。

8月に入ると、1/3~1/2程度の強剪定をし、酷暑は休ませます。

9月に入ると、枝葉が伸びて、再び美味しい茄子が生りだします。

「秋茄子は嫁に食わすな」は、嫁のお腹を冷やさないようにという思いやりの気持ちもあります。 ( ^)o(^ )

元肥を入れ過ぎるとアブラムシが寄ってきますので「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。∵⁉

南瓜

■南瓜(カボチャ)

メルシー農園では、いつも西洋カボチャを育てています。

定植直後は、ウリハムシにやられることがありますので、蔓(つる)が十分伸びるまで、防虫ネットのトンネルをします。

元気な蔓を2本残し、他の蔓は摘み取ります。

葉が茂りだすと、うどん粉病が発生します。

発生する前に予防として、食用重曹の500倍液をこまめに散布します。

※うどん粉病が発生してからでは効き目はありません、雨が降った後は重曹を忘れずに散布するようにしましょう❣

元気に蔓が伸び出した胡瓜

■胡瓜(キュウリ)

支柱の上まで蔓が伸びてきてから、脇芽を摘み取ります。

カボチャと同様キュウリにも、アブラムシ・ウリハムシ・うどん粉病が発生しやすいです。

※発生する前に、食用重曹の500倍液で予防しましょう ❣

虫に食われた白菜

■白菜(ハクサイ)

無双が虫に食われ穴がたくさんあきました・・・

黒くて小さなダイコンハムシにやられたようです。

この虫は土の中から出てきます。

※アブラナ科の植物は虫に弱く、特にこのダイコンハムシには毎年往生しています (>_<)

玉レタス

■玉レタス

巻き始めた玉レタス。

玉レタスもリーフレタスも虫が寄り付かないので手間いらず (^^♪

野菜サラダで食べると美味しく、ビタミンなど栄養価も豊富です。

トマト

■トマト

トマトは樹勢が旺盛で、脇芽がたくさん出てきますが、この程度まで大きくなってから、脇芽を取ります。

トマトは夏場でもあまり水を欲しがりません。
乾燥気味の方が、甘くて美味しい実がとれます。

病気や害虫の心配もなく、育て易い野菜です ( ^)o(^ )

里芋

■里芋(サトイモ)

高さ約2mほどにも大きく成長した里芋です。
メルシー農園では、種芋に昨年の親株を使っています。

5月初めごろに親株から芽が出てきますので、嫌地を避け、他の畝に植え替えます。

里芋は、特に水を欲しがりますので、乾季は3~5日に一回、谷が満杯になるまでたっぷり水をやります。

イモムシが葉を食べますが、放っておいても問題ありません。

人参

■人参(ニンジン)

人参は、家族の健康のため、毎年少しずつ育てています。

種を蒔いた直後から芽が出るまでの間、毎日水やりし、土が乾かないようにします。

時々青虫が付くことがありますが、放置していても大丈夫です。

玉葱

■玉葱(タマネギ)

毎年、白玉と赤玉を栽培しています。

早植えは、薹(とう)が立ちやすいので、種の植える時期に注意が必要です。

玉葱は、腐りやすく、保存しにくいため、皮を剥いてから、風通しのいい、日の当たらない、涼しい所に吊るします。

赤玉は長持ちしません ➡ 赤玉はサラダにして食べると美味しいです。

作成者: Tetsuji

若い頃は機械設計が専門でしたが、今は1,000㎡余りの畑で野菜や果物をオーガニックで栽培しています。また、貸家もDIYでリフォームし残りの人生を謳歌しています。昨年(2021)はヘンテナを作り楽しく鑑賞しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です