0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Calculation machine

紙幣計数機の生い立ち

今から半世紀前、紙幣の枚数を数えるのに、空気の負圧を利用して、1枚づつ分離し、枚数を数えていました。
ゴムホースの先端に吸盤を取り付け、最前の紙幣を吸引し、後続紙幣との間に隙間を作るイメージです。
この機械は、ドイツで開発された機械だったようです。それでも1秒間に3枚程度数えていました。
その後、耐摩耗性の優れたゴムが生まれ、摩擦ローラーの組み合わせにより、現在の計数機が誕生しました。

一覧を見る
TOPICS 設計室と開発中の機械

ビルの二階を借りて設計会社をしていた京口時代のメルシー

開発・設計中の紙幣入出金機-1995年頃

CATEGORY カテゴリ
NEWS 新着情報
2022/05/01
500円OFF クーポン特集
5月限定特集、1万円以上でもれなく500円クーポンプレゼント!
2022/01/28
家具の販売は終了しました。
株式会社今枝ラタンが2022年1月28日付で閉鎖することになりました。長きに渡りご愛顧いただきましたこと厚くお礼申し上げます。機器・その他の販売は継続してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2022/01/08
オープン記念品をプレゼント!
商品お買い上げのお客様に素敵な商品をプレゼントします。
ご購入お手続きの際にプレゼント希望とお書きください。
※連絡がない場合は原則としてお届けはしません。
2022/01/01
新年あけましておめでとうございます。
2021/12/28
リニューアルオープンしました!
EC-CUBE4.1.0に不具合が発生したため、再インストールし、リニューアルオープンしました。
会員登録されていたお客様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
お詫び申し上げます。
★ Kuroneko-Yamato クロネコwebコレクト
クロネコwebコレクト クレジットカード払い

■ほとんどのクレジットカードでお払いいただけます。

宅急便コレクト コンビニ 郵便局払い

■ほとんどのコンビニや郵便局からお払いいただけます。

カテゴリ一覧

ページトップへ